木耐協
見学会のご予約はこちら
断熱リノベーションの専門家コラム
②湿気対策に防湿シートが効果的!リフォームで断熱対策を!

 

断熱対策が不十分な住宅では、「冬は家の中が寒く、暖房の効きも悪い」「夏は家のこのように、断熱リフォームを実施することで快適かつ安全な住宅環境をつくることが可能ですが、一点「湿気」には注意が必要です。

 

断熱リフォームを施工すると、室内の湿度・水分量が多くなり、結露が発生してしまうことがあります。

 

結露は放置しているとカビの発生の原因になり、またカビを栄養とするダニの繁殖にもつながってしまうため、外壁張替えの際に防湿シートを張る等の対策も一緒に講じておく必要があります。

 

断熱リフォームを依頼する際は上記の点に加え、通気層の設置も念頭に入れておきましょう。

 

以上を踏まえ、過ごしやすい快適な家づくりのための断熱リフォームを検討してみませんか?

「家の中が暑く、冷房の効きも悪い」といった問題に悩まされることも多いかと思います。

これは壁や窓等が外気を遮断しきれていないために起こる現象です。

外の寒さや暑さがそのまま住宅の中に影響を及ぼし、空調の働きも妨げてしまいます。

仮に空調の効きに問題がなくても、空調の範囲外である廊下や玄関・キッチン・トイレ・お風呂等は快適と言い難い状態になってしまうでしょう。

 

とりわけ、冬場には空調の効いた暖かい部屋から寒い場所に移動する時に、温度差による「ヒートショック」のリスクが懸念されています。

小さなお子様や高齢の方が暮らすご家庭では特に注意が必要です。

それ以外にも、快適な温度環境を維持できないことによる健康被害は無視できません。

毎日暮らす人達の「安全」を守る上でも、断熱リフォームは非常に重要になるのです。

来場・来店予約でオリジナルBOXティッシュプレゼント
モデルハウス見学・来場予約はこちらショールーム来店予約はこちらお電話でのお問い合わせ
Copyright (c)Takezawa kenzai kogyo Co.,Ltd. All rights reserved 2003-2018
建物診断イベント情報見学会予約
予約特典あり!イベント予約
トップへ戻る