木耐協
見学会のご予約はこちら
住宅の高断熱化による健康への影響について
住宅の高断熱化による健康への影響について

皆様、おはようございます。

ココリノベの竹澤です。

弊社では長年住宅の高断熱化について研鑽を重ねてきました。

国土交通省はこのほど、その断熱性能があたえる身体への

影響についての中間発表を行いました。

この調査は断熱改修などによる生活空間の温熱環境の

改善が居住者の健康にどのような影響を与えるかについて、

改修前後の健康調査等を用いて、医学・建築環境工学の観点から

検証されたものです。

この中間結果には様々なデータが掲載されておりますが、

ここでは割愛させていただきますが、

結論から申し上げると、

1・室温が年間を通じて安定している住宅では、居住者の血圧の
  季節差が顕著に小さい。

2・室温が低い家では、コレストロール値が基準範囲を超える人、
  心電図の異常所見がある人が有意に多い。

3・断熱改修に伴う室温上昇によって暖房習慣が変化した
住宅では、
住宅内身体活動時間が有意に多い。

と温かく快適な住宅に日々暮らしていると様々な恩恵が

受けられるであろうという結果となりました。

弊社では今後も温かく快適な住宅づくりをこれからも

推進して行きます。

来場・来店予約でオリジナルBOXティッシュプレゼント
モデルハウス見学・来場予約はこちらショールーム来店予約はこちらお電話でのお問い合わせ
Copyright (c)Takezawa kenzai kogyo Co.,Ltd. All rights reserved 2003-2018
建物診断イベント情報見学会予約
予約特典あり!イベント予約
トップへ戻る